読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マツダ車の持病?猫クラッチ状況と対策

マツダ車の持病といえば猫クラッチですね。
クラッチを踏むと「ニャー」と音がします。調べると発生源はだいたい2通りあるようで,それぞれ改善策が見つかります。

  1. クラッチマスターシリンダーのグリス切れ
  2. クラッチペダル軸受けのグリス切れ,または破損

1 はロードスターに多く,2 はRX-8 に多い印象を受けました。
2 の場合は車内から音がしますので,足下に潜り込んでクラッチを押せばわかります。

うちのエイトも2っぽいです。

対策

ハンドルの下の邪魔なカバーを手前に引っ張って外します。この部品は必要なのか・・・?

f:id:reot8:20160117124137j:plain
写真1 外したところ


ペダルの根元をのぞき込むと,ペダルを押し返すスプリングを左右2カ所・中央1カ所の軸受けとプラスチック製カラーで固定しています。
このプラスチックカラーがニャーの発生源になっていることが多いようです。

f:id:reot8:20160117124136j:plain
写真2 この3カ所に猫がいます

バネやカラーを適当に触りつつ,ペダルを踏んで音を確認すると鳴り方が変わるので発生源を特定できます。
発生源にグリスを塗り,猫が鳴きやんだら完了です。

これでとりあえず様子を見ようと思います。

右側の軸受けは見えませんが,ここのプラスチックカラーが破損していました。
本来はこれを交換すべきでしょうが,ディーラーに軽く聞くと手間がかかりそうなので,とりあえず放置します。

f:id:reot8:20160117124135j:plain
写真3 壊れた軸受けパーツ