RX-8の被りやすいプラグ対策

今日日のレシプロエンジンでは考えられませんが,RX-8ロータリーエンジンはプラグ被り(ガソリン,オイルで濡ること)が発生します。
近ごろ寒いからか,Twitterでもプラグが被ったという報告を2件ほど見かけました。
自分も去年,帰省先でプラグが被りエンジンがかからなくなった経験をしました。それ以後いくつか気をつけていることがあるので,まとめておくことにします。

前期型8なら強化型セルモーターに交換する(後期型では標準)

メーカーでも被りやすさが問題視されたのか,2008年のマイナーチェンジではセルスターターが高出力タイプに変更されています。この新型スターターは前期型にも対応しており,交換にかかる費用は技術料込みで35000円ほど。
効果は驚くほどで,今思うと実に頼りないセルスターターだったと思うほどです。交換後は冬場でも「エンジンがかかりにくい」と思うことはほぼなくなりました。


交換前後の比較動画がありました

RX-8_セルモーター交換、比較.wmv - YouTube
キュルキュルキュルキュルキュルうっふ〜〜〜〜ん♥

キュキュルぶっふ〜〜〜〜ん♥

エンジンをぶん回して停止前にプラグを乾かす


近距離しか走らないときは停止前に数百メートルほど「1速だけで走る」

よく言われていることですが,「チョイノリを避ける」というのがあります。エンジンが暖まる前に停止してしまうとプラグが濡れやすいということですね。そこで8乗りの間でよく聞くのが「停止直前にアクセルペダルを一蹴り,5000 rpm!」すると被らないというワザ(まじない?)。しかしこれは本当に効果があるのでしょうか?ディーラーに聞いてみると「しないよりはマシかもしれないが,本当にまじない程度では?」と言われてしまいました。
ということで僕はプラグを乾かすために,4000〜8000 rpmを一蹴りではなく数百メートル維持してプラグを乾かしています。多少近所迷惑になるかもしれませんが,走りながらのことなので少しくらいは大丈夫でしょう。
これの欠点は,エンジンが冷えたまま高回転で走るのが躊躇われることですね。暖まるまでは走り回る必要があります。

バッテリーをいたわり,プラグ・IGコイルを早めに交換する

僕はまだやっていないのですが,確実に効果のある項目です。被ってからすべて交換するとかなりの金額になると思います。交換推奨キロ数がどっかに載ってるはずなのでお早めに・・・
あと,AC電源からバッテリーを充電できるチャージャーと,他車のバッテリーを使って始動できるブースターケーブルは持っておくとよいと思います。

参考画像

f:id:reot8:20130103102922j:plain


被ったプラグ。溜まったススの上からオイルとガソリンがべっちょり:;(∩´﹏`∩);:

2013-01-03 10.29.36
金属ブラシ(あまりよくないかも?)とパーツクリーナーで磨いたプラグ

諦める

ダメなときはダメ。そんなもんです。諦めてロードサービスを呼ぶか,プラグを外し,ライターで乾かしましょう。

被ったときに参考にするサイト