読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RX-8 の ECU を再学習させる

RX-8

RX-8 のスロットルボディを洗浄する part1 の続き

前回、ずいぶんと手間をかけて作業内容を確認しました。
ところが実際にやってみると、なかなか思ったようにはいかないものです。

おれの手にかかれば、ジャバラ管などいとも簡単に外し、あっという間にスロットル内部が露わになり、いざ洗浄!・・・と思いきや




スロットルは大変きれいでした。




誠に遺憾。計画丸つぶれです。
しかし言われてみれば前回のスロットル洗浄から5000キロしか走っておらず、スロットル以前にエアフィルターでさえほとんど汚れていません。

となると、エンジン不調の原因は別にあることになります。
車検のついでにスロットル洗浄を行ったので、そのあたりがヒントになりそう。などと考えながら適当にパーツクリーナーを吹きかけてお茶を濁し、スロットルを元に戻してからエンジンをかけると、ECU の学習が古いままだったためにアイドリングが不安定になっていました。
ちょっとでも燃調まわりが変わっただけでここまで不安定になるとは驚きです。アイドリング回転数は高く、回転数の下降も不安定です。



ECU の再学習手順(MT車)

  1. バッテリを外してECUリセット
    マイナス端子を外して数分放置すればリセットされます。リセットされたことは時計などがリセットされることで確認できます。
  2. エンジン始動
    エアコン オーディオ ライト類をすべてオフにしてエンジンをかけ、暖機をします。水温計の針が真ん中あたりまで上がってから数分程度で大丈夫そうです。ファンが回るまで待った方がいいかもしれません。
  3. エアコンON
    エアコンをONにします。風量最大、最低温度に設定し車に負荷をかけます。そのまま数分。
  4. ライトON
    ライトをONにします。ヘッドライト+ハイビームにして数分

このあとそのまま少し近所を走ってみたところ、ずいぶん調子がよくなりました。
以前は1速や2速でクラッチをつないだまま速度を落としていくと、アイドリング回転数手前でガソリンの噴射による大きなショックがあり、その後もエンジン回転数が上下し車体が前後に揺れていました。これがずいぶん小さくなっています。
また、アイドリング回転数付近まで速度を落としてからそのままアクセルペダルを踏んでも再噴射のショックがかなり緩和されています。


そんなわけで、エンジン不調の原因はECUの学習の可能性が高そうです。とりあえず調子がいいので、このまま経過を観察してみます。
(そういえば横滑りインディケータが点灯したままでしたが、そのうち消えるでしょう)



おわり\(●˙ω˙●)/