読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コイン洗車場、失敗例と成功例。

洗車機が自動で洗ってくれるやつではなくて、

お金を投入すると、ショットガンみたいなジェットノズルから水やら泡やらが順番に吹き出し、それを制限時間内に自分の車にまんべんなくかけながら、その合間にスポンジでボディ全体をキレイに洗い上げ、さらに最後のジェット水を使って泡を洗い流すという、あのエクストリームスポーツのことです。

こんな感じです→ 洗車コース l コイン洗車場のカーウォッシュ大井 東京プロパティサービス



1回戦(失敗編)

700円ほど投入し、競技スタートです。
種目は、15分おまかせコース「水→泡→水」です。

10秒のカウントダウンで水が噴き出し、水洗いでボディの大きな汚れを落とした後、すぐさま吹き出す洗剤を全体にまんべんなく散布すると、手洗いタイムに突入しノズルからの噴出が停止します。
・・・ここまではよかったのですが、実は手洗いタイムには制限時間があり、所定の3分以内に「次へ」ボタンを押してすすぎを開始しなければ、後工程のすすぎ水が出る時間が削られる仕組みになっています。
つまり、3分以内に全体をきれいに洗わねばなりません。手で。


いやあ、まったく間に合いませんでした。
両手にでかいタオルなどを持つなど、いくつか対策はあるようですが、それでも到底全体を満足いくまで洗う暇はありませんでした。
結局、手洗いも中途半端にすすぎを開始しました。それも数分遅れで数百円を追加投入してだ。


できあがりは、洗車したとは思えないほどに見事に汚れています。
もはや泥で汚れているのか洗剤が残っているのか区別がつかないレベル。


あとで「全自動洗車機」できれいにしておきました。
1500円も払って何をやってたんだろう。

2回戦(成功編)


前回の反省を生かし、対策を練りました。
コースは「水5分」にします。
が、最初からは料金を投入せず、下準備をします。
(下準備というか、ズルをします)

  1. まず場内の蛇口からバケツに水をくみ、全体をスポンジですすぎながら水洗いします(無料!)
  2. 次にバケツに持参の洗剤を入れ、泡立てながらボディ全体を手洗いシャンプーします(無料!!)
  3. 満足するまで続けます(無料!!!)
  4. 料金を投入し「水洗い5分」を選択し、全体をすすぎます

あとは乾いたタオルで水を拭き取れば終了です。

この方法だと最後の水洗い以外は一切制限時間がありませんので、心ゆくまできれいにできます。
最後の水洗いだけは制限時間がありますが、十分足ります。
(すすぎもバケツで水をくめば全部タダにできますが、きれいに流すのは大変ですし、さすがに有料の洗車場ですのでやめましょう)


周りをよく見て見れは、ジェットノズルで洗剤を使っている人はほとんど見当たりません。初心者を嵌めるための罠だったのでしょうか…


そんなわけで久しぶりに RX-8 を綺麗にできました。
ポリマーコートで撥水処理もしてピカピカです。

f:id:bioweb:20130429004452j:plain,w320

◝(●˙。​˙●)◜