読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光軸を調整しようとした

RX-8

RX-8 にはロービーム用に HID のプロジェクターヘッドランプが装備されています。
プロジェクターヘッドランプは構造上、配光をシャープにカットできるため下方向には十分な光が行き届く反面、上方向には光がほとんど漏れず、照射していない部分は真っ暗になってしまいます。
光が十分遠くまで届いていれば全く問題ありませんが、下向きにしすぎると本当に近くしか見えません。

最近、どうにもヘッドライトの向きが下向きすぎて、少し遠くが見づらい気がしていました。

そこでボンネットを開けて自分で調整することに。
もちろん対向車を幻惑させてしまうような光軸設定は避けなければいけませんが、元々ライトの位置が低い車ですので、上向きにしなければ問題ないはずです(たぶん)。


f:id:bioweb:20130211030939j:plain,w480
f:id:bioweb:20130210160208j:plain,w240f:id:bioweb:20130210160218j:plain,w240


ボンネットを開けると、ヘッドランプの後ろに調整用のネジ(というか歯車)があります。
わかりやすいように白いプラスチックのガイドがついています。
写真の左側(ドライバーを斜め45°くらいで差し込む方向)が光軸の上下方向を調整するねじ、右側(ドライバーを水平にして差し込むほう)が光軸の左右方向の調整ねじです。

ところが、なぜか左右方向のねじを回すと上下方向にも大きく光軸が動くようです。実際には斜めに光軸が動いてしまいます。
そのため、上下および左右の調整が必要な場合は、上下を無視して先に左右だけを適正な向きに調整し、あとから上下方向を調整します。
というか、しなければならなかったようです。

最初、いじっているのが左右方向のねじだとわからず、斜め方向に盛大に光軸を振ってしまい、明後日の方向を向かせてしまいました。
正直元に戻せたかどうか自信がありません。

今度ディーラーに行ったときに事情を話して調整してもらおうと思います。

ちなみに、前回の記事でアップロードした車検の見積によると、光軸調整は両側やると3840円かかっていました。
これは痛い授業料です。



f:id:bioweb:20130207221233j:plain,w180
どこ向いとんねん◝(●˙。​˙●)◜